~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

アメリカンドッグ

   

先日、車で走っていて、コンビニに入った時に家人が急にアメリカンドックが食べたいと言い出した。そのコンビニには売っていなくて、別のコンビニで見つけて買った。

アメリカンドックはソーセージに串が刺してあって、その周りにパンケーキのタネが混てあり、それを揚げたものだ。まあ、どこにでもあるもので、いわゆるファストフードの一つ。

どうもそのネーミングは、和製英語みたいだが、北海道あたりではフレンチドックと呼ばれているらしいという事を、調べていて初めて知った。アメリカではとうもろこしの粉の生地を使っていることから、コーンブレッドと呼ばれているらしいといことも、調べてわかった。

しかし、なぜアメリカンドックになったのかはわからないままだ。そういえば、スパゲティのナポリタン。あれも和製英語?である。イタリアのナポリに行ってもナポリタンはないということだ。1940年代後半だろうか、帝国ホテルのシェフが考案されたらしい。つまり日本製だ。

そういえば、天津飯もそうだ。ご飯の上に卵焼きが乗って、その上にとろみが付いた温かい餡がかかっているやつ。実はあれも中国の天津に行ってもないとか。日本のものらしい。
うーん、食べ物の名前とはおもしろいものだ。

ちなみにアメリカンドック、業務用の量販店で冷凍品を購入したら、コンビニで2本買う値段で5本入りが買えた。家で作ったほうがもっと安くできるかな?

 - 料理ブログ,