~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

大根焚き

   

京都では季節にによって、いろいろと食べるものがある。この時期は「大根焚き」
である。「だいこだき」と呼ぶこともあるようだ。今日は千本釈迦堂で大根焚きが行われる。京都市内の幾つかの寺院で、冬の行事として行われている。

大根と油揚げを煮たものだ。無病息災をお祈りして食べるわけである。梵字が書いてある大根をお供えして、それを大きなお鍋で煮て、参詣者に振る舞われる。振る舞われると言っても有料であるが。

ホームページを見るとどうも聖護院大根のような丸大根が使われているようだ。丸い大根は煮炊きするだけではなく、もちろん有名な京名物でる千枚漬けの材料にもなる。

京都の冬の漬物といえば、千枚漬けが有名ではあるが、もう一つ、すぐきがある。すぐき菜という野菜を乳酸発酵させて作る酸味のある漬物だ。そんなに大量に作られているものでもなく、季節的に冬のものイメージが強い。また、漬け方が独特だし、すぐき菜自体も他の料理に使えるのかといえば、ほとんど思いつかない。

冬はやはり大根が美味しい。丸大根の皮を厚めに剥いて、油揚げと煮るのが最もシンプルで美味しい食べ方ではないだろうか。上品な薄口醤油のしみた大根は、身体を温めてくれる。この時の油揚げは、厚揚げではなく、薄揚げだ。

もちろん、おでんにしてもその味は変わらないはずだ。
冬の煮物は丸大根にとどめを刺す。

 - 料理ブログ,