~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

グルメコミック

   

料理が出てくるコミックは意外と好きだ。
古くは「包丁人味平」か。他にも話題になって頃は「美味しんぼ」なんかも読んでいた。最初の頃は面白かったが、徐々に理屈っぽくなってきたので、なんだか面白くなくなってきた。

最近は連載されているものでは「クッキングパパ」をよく読んでいる。料理をするときに参考になる時もあるが、なんといっても理屈っぽくないのがいい。美味しいものはどうやっても美味しいし、美味しそうではない?ものでも一工夫することで美味しいものに変身するかもという期待感みたいなものが作品に出ているからだ。

もうひとつ、最近読み返しているのが「深夜食堂」だ。TVで映像化されたり、映画になったりと人気があるようだが、やはりコミックの方がおもしろいような気がする。
基本的に店内のメニューには「豚汁定食」しかない、深夜専門の食堂での人情話なのだが、マスターに頼めば店にある材料であれば、なんでも作ってくれるという店の話だ。

これまで出てきた料理で一番簡単そうなのは「ねこまんま」。つまり熱いご飯に鰹節を乗せてお醤油をかけたもの。これを料理と言わなければ「タコウィンナー」か?
逆に最も手の込んだ料理というのなら「ビーフストロガノフ」というところか。マスターが料理本を見ながら作っているくらいだから、面倒なんだろうなと思ったら、その話の登場人物である料理評論家が簡単に説明すると、意外とそうでもないように思えてくる。

作者は安倍夜郎。ちょっと大きめの版のコミックで「おひとりさま」が簡単な料理本を探しているのなら、一度読んでみても悪く無いと思う。

 - 料理ブログ,