~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

弁当

   

弁当

昼は弁当で済ませることが多い。
ずっと昔は会社の近くにある、いろんな店に行ったりしていたが、日によって、ほんとに昼食難民と呼ばれるような状況になる時も多かった。
どこに行っても席が空いていなくて、時計を見るとすでに昼休みは半分以上過ぎているという悲惨な状況だ。

最近はオフィス街でも持ち帰りの弁当を売っているところが多い。300円とか400円という値段で弁当が売られている。

しかし、よく考えて見れば、自分で弁当を持っていけば待たずに食べられるので便利なのだ。最近ではこういった街角で売られている弁当にも行列ができている時があるのだ。

うちで作る弁当はいつも「沖縄スタイル」だ。
つまりご飯の上におかずが乗っているというタイプ。沖縄ではこういうスタイルの安い弁当も多いと聞いた。したがって、白いご飯は弁当箱を開けても見ることは出来ない。

入れるものはそんなに毎日変わるわけではないが、卵焼きは殆どの場合入る。フライパンで焼いて切らずにそのまま入れる。弁当箱の上面の面積の半分はこれで占拠?される。定番はやはりウィンナソーセージか。肉類はハンバーグの時もあるし、冷凍のすでに揚げてあるカツ類や前日に残ったフライなども。野菜は必要なので、いつも冷凍のブロッコリーを解凍して入れる。これにマヨネーズか。

もしくは作り置きしている常備菜などが入る。
そんな中ではじゃこピーマンがお気に入りだ。
ピーマンの細切りとちりめんじゃこを炒めて、醤油と酒で味付けたもの。

ご飯の間に韓国海苔やふりかけが入る時もある。

これで弁当は完成。
最近のお気に入りは、ご飯の上全体に冷凍のチャプチェを乗せたもの。
汁気のあるものを乗せると、ご飯まで染みこんでおいしくなるが、カレーやハヤシライスは弁当に持って行ったことはない。

それなら白飯をタッパーに入れて、カップのきつねうどんのほうが良いかなと。

 - 料理ブログ,