~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

どこに位置する、席次 【2016/04/18】

      2016/04/18

ビジネスの世界では、敬語の使い方などの言葉づかい、座る場所、メールにもマナーがあります。新入社員が配属されるこの時期、今回は席次のマナーを見直してみましょう。

会議はもちろん、会合や食事、エレベーターなどにもビジネスマナーがあります。
こうした「席次」は、入り口から遠い「上座」と、入り口に近い「下座」という考え方が基本です。新入社員は下座に位置しましょう。

新入社員は下座へ

【会議室】

部屋の大きさや会議の種類、ホワイトボードなどによって、机の並びが変わりますが、入り口から一番遠い席で、議長席付近が上座となり、入り口近くで議長席から遠い席が下座です。

【エレベーター】

最も奥の右側(向かって左側)が最上位の上座になります。操作盤の前が最も下座となるので、新入社員は迷わず操作盤の前に立ち、扉の開閉に気を配りましょう。乗り降りはお客様、社内の役職の高い人の順番です。

【飲食店】

和室の場合は、床の間の前が上座に。3人並んで座る場合は、中央が上座、その左隣が第二席、右隣が第三席。テーブル席は入り口から遠い列が上座ですが、窓の景色が良い場合は景色が見える方が上座です。

どこに位置する、席次

 - 今日のひとネタ