~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

ネクタイのお手入れ 【2016/04/11】

   

ビジネスマナーとして、身だしなみをきちんと整えておくことは基本中の基本です。贈り物でもらったものやお気に入りのネクタイは丁寧に扱いましょう。

毎日は使わない

一度着用したら2、3日は休ませましょう。毎日使い続けると、結び目がゆるくなります。
保管はポールに掛けておくか、市販のネクタイ専用ハンガーを利用しましょう。くるくると丸めて箱に入れておいてもよいです。
吊るしておいてもシワが取れない場合は、アイロンの蒸気をあてましょう。直接アイロンをかけるのはテカリの原因になるので厳禁。湿気の残った浴室にかけておいてもよいです。

汚れたら

汚れがついてしまったときには、すぐに布でネクタイをたたいて汚れを取りましょう。汗ジミは水にぬらしてゆるく絞った布でたたいて取るように。ぬれたままにしておくと色落ちすることもあるので、風通しのよい場所で陰干ししてください。ネクタイの中には芯地が入っているので、水洗いしてしまうと生地が縮み、ヨレてしまします。水洗いはせずに、クリーニング店でドライクリーニングに。

たるみを直す

手縫いのネクタイには、型崩れや縫い糸の緩みを直すための「スリップ・ステッチ」(たるみ糸)が付いています。大剣(小剣)裏の生地が重なっている部分の中を開けるとあります。

ネクタイのお手入れ

 - 今日のひとネタ