~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

まかない飯は美味いのか?

   

まかない飯は美味いのか?

月曜日にも書きましたけど、焼豚玉子丼。これって元々は賄い飯と言われるものですよね。私は賄いが出るような飲食店で働いたことがないので、ほんとに賄い料理を作っているところなどは見たことがないんですが。
とはいっても、祖父が魚を扱う加工業みたいな仕事をしていたので、朝、工場に行くと、何が知ら食べ物があったりします。

その中でも強烈に舌に残っているのは、うどんです。いや、うどん自体は京都のどこにでもある柔らかい、切り口がまるいうどんなのですが、出汁が鱧の骨とかで取られていて、それはそれは濃厚なものでした。鱧というのは、身にも小骨があるので、骨切りという作業をしないと普通には食べられないのですが、捌くときにはやはり、骨やアラが出るので、それで出汁を取るわけです。

賄い飯に関して、webで調べていたら、長距離列車の車掌さんが食べる賄い飯「ハチクマライス」の紹介がありました。なんか紹介されているものと、私が思っているものはちょっと違ったような気がしているのですが。
ハチクマライスは単純に丼にハムエッグをのせたものと思い込んでいます。昔、俳優の渥美清さんが出演していた(もしかしたらフランキー堺さんかもしれません)寝台列車での出来事を描いた作品で、短い時間の間に夕食だったかを摂らねばならない、その際に誰でも食べられる、八っつぁん、熊さんでも食べられるものとして紹介されていた記憶があります。まあ、あるwebページでは江戸時代にハムエッグはないだろという記述がありましたが、それはどうでしょうか?昭和の時代なら、まだ…。
でも、これを賄いというはどうでしょうねえ。賄いというのは、あくまでも料理人が食べる工夫したものというのが、賄い料理なんじゃないでしょうか?ハチクマライスはファストフードに近くありませんか?

そういえば、愛読しているコミックの「深夜食堂」に石原裕次郎がハムエッグを、皿に盛られたライスに乗せて食べたというようなシーンが出てきませんでしたっけ?似てる?!

 - 料理ブログ,