~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

蕎麦が食いたい!

   

蕎麦が食いたい!

蕎麦が食いたいんです。でも食べられないんです。どうしてか?簡単です。アレルギーなので。だからもし、死刑囚で最後食事は?と聞かれたら、間違いなくさる蕎麦か、天ぷら蕎麦でしょうか?

世の中には食物アレルギーの人はたくさんいて、面倒なのが人によって、アレルギー症状を起こすものが違うということです。
ある人は卵であったり、ある人は小麦であったり、ある人はカニでああったり。いろいろ種類があることで、食物アレルギーに対する誤解が生じてくるのですね。特に子供の場合、親が一緒にいる時はいいんですけど、子供だけだったり、事情がわからない大人がいたりすると大変です。命に関わりますからね。

私にも経験があります。無理解と事故と両方です。無理解の方は、高校生の時にアルバイトに行ってた時です。お客さんの家に行って、その時さるそばを出してくださったのです。一緒に行った会社の人に事情を話したのですが、どうも好き嫌いのためだと思われたのか「そば粉なんか入ってない」といわれて、無理やり。そば粉の入ってないざるそばなんかあるわけもなく、結局食べ刺されてしまいました。まあ、幸か不幸か、そば粉の含有量の少ない安い蕎麦だったのか、発疹が出来たくらいでなんとか収まりましたが。事故の時はキツかったです。ある時友人とドライブに行って、郷土料理を食べようということになって。いろいろ出てきたのですが、その中に長方形の濃い緑のものが。不注意にも何かわからないままに口に入れて、飲み込んだ後で友人が「そばがきだ!」と。その時は時すでに遅く…。これは効きました。帰りの車の中でぐったりと、身体はかゆいし、気管が細くなって呼吸も苦しいし。なんとか助かりましたけど。

一番怖いのは「冷麺」ですね。盛岡冷麺だとデンプンだけなので、安心なのですが、いわゆる平壌冷麺だとそば粉が入っているので、要注意。黄色い中華麺でない限り、冷麺を注文する時は「そば粉入ってますか?」と聞かねばなりません。

かなり以前にアルバイトをしていた時に、隣がパン屋さんで。いつもフランスパンしか買わないお客さんがいらっしゃったので、お店に人に聞いたら、お子さんが卵アレルギーなので、普通の食パンが食べられないので、いつもフランスパンだと。

みんなで食物アレルギーに対して、もっと理解と注意が必要ですね。
もう一度いいますが、死に至る時もありますので。

 - 料理ブログ,