~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

塩の話

   

塩の話

新年度になって、色んな物が値上げされていますね。国民的アイスキャンディー(って、なんだ?)、ウィスキーやその他諸々。
「食卓塩」も値上げになっているようです。「専売公社」などというものがあった頃は、塩もご多分に漏れず、専売品で。いわゆる食卓塩というのは、精製塩ですよね、たぶん。つまり99%以上、塩化ナトリウムのものだったんじゃなかったかな?これって工場で作られてるんですよね。

子供の頃、社会科の時間で習った時は揚浜式塩田とか、名前は忘れましたが、竹のほうきの先っぽを並べたところに海水を通して塩を作る方法とか。工場で精製されているよりは、多少のミネラルも入っていそうですね。

ところで、うちはといえば精製塩ではないですね。ミネラル分も入っているであろう、塩です。そのまま置いておくと、湿気を含んでしまうので、除湿剤とか入れていますが。ところで塩って賞味期限がないとか言うのを聞いたことがありますが、それは精製塩だけなんでしょうか。どうも「塩」いう物自体が食品衛生法で賞味期限や消費期限を表示しなくてもいいということになっているようですね。

一度使ってみたいと思っているのは、あのあらびきコショウをガリガリやって、料理に振り掛けるのと同じように、塩もガリガリと。なんか、スプーンや指でつまんで入れるより、少ない量で済むような。これって、もしかすると減塩になるんでしょうか?

まあ、あまり料理には塩を入れないで、食べるときにちょっと塩を入れるほうが、減塩になるんですかね?この前の電気で舌を麻痺させる、減塩スプーンなんかのことを考えると。

最後に。パスタを茹でるときに塩を入れますけど、あれって相当入れないと意味が無いそうです。別に入れなくても大丈夫だと聞いたこともありますので、一度お試しを。

 - 料理ブログ,