~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

彼岸の入り、おはぎとぼたもち

   

今日からお彼岸。いわゆる「彼岸の入り」というやつだ。お墓参りに行く人もいるでしょうけど、持っていくものの一つに「ぼたもち」があります。で、よくある話が、ぼたもちとおはぎとどう違うのかということ。

諸説あるらしいのですが、春は牡丹の季節なので「牡丹餅」が「ぼたもち」に。秋のお彼岸は萩の頃なので「お萩餅」が「おはぎ」ということらしいのですが。「もち米を主とするものが『ぼたもち』、うるち米を主とするものが『おはぎ』」というのもあるらしいです。

まあ、美味しければ問題ないんですけど。
きな粉がついているものや、黒ゴマ、青のりなど色んな種類がありますね。他の土地のものはあまり食べたことがないので、詳しいことはわかりませんけど、きな粉や黒ゴマ、青のりの物でも中には餡が入っていますよね?ずんだ餅みたいなものもあるそうですが、これは見たことがありません。

もち米を搗いたものや、完全に餅状態になる前のもの(何故か京都では「半殺し」などという物騒な名前がついていますが)に、餡をかぶせてあるもの。基本これがおはぎなんでしょうが、それではあんころ餅は?

いや、この辺り奥が深いですね。親戚なのかな?

 - 料理ブログ,