~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

また食品偽装か…

   

また食品偽装か…

先週、また食品偽装の記事が出てたけど、もういい加減にしてもらいたいもんだ。今回は鯖の油漬け缶詰らしい。なんでも、鯖の数が足りなくなって、代わりに秋刀魚を入れたとか。この製品はフレーク状になっていて、普通の人が見ても判別がつかないらしい。言い訳としては、出荷を優先したということらしいが。モノが足りなければそこで生産を止めればいいのに、金儲けに走って違うものを入れてしまうと。まあ、これでこの会社は信用がなくなってしまうわけで、この信用を取り戻すのは並大抵なことではないと思うけど。

まあ、商売に走ってしまうことと、商人の信用を天秤にかけたら、絶対に信用を取ると思うんだけど、最近の商人はみんなカネに目がくらんでしまうんだな。まあ、まだ許せる?のは、ちゃんと食べられるものを使っているということか。先般の廃棄食品を流通させていたというよりはマシかなと思ったが、そう思えるくらい信用がなくなっているんだなと思うし、こちら側の感覚も麻痺してしまっているのか?

こうなったら自給自足しかとも考えるが、街中に住んでいる者にとっては、それも夢。しかし、以前に読んだなにかで、半農半××とかいうのが、食料がなくなった時に一番強いと書いてあったのを思い出す。××はそれぞれの職業を入れればいいらしい。それとは関係ないだろうが、友人の中には田舎に家を持って、そこで農業みたいなことをしているのもいる。農業自体は、近所の人が教えてくれるらしいが、はじめから出荷できるようなものは出来ないだろうなあと。でも、自家用なら大丈夫だし。

そこまではいかなくとも、以前借りてたような、貸し農園みたいなものも、またやってみたいかなと思うこの頃です。

 - 料理ブログ,