~毎日の生活をエンジョイする情報満載メディア~

廃棄食品横流し問題

   

廃棄食品の横流し問題。なんか、ちょっと落ち着いてきた感じがしなくもないが、怖い話だ。前に中国で作った冷凍餃子の事件があったが、まあ、似たよな問題だ。

いろいろと言われているが、早い話がゴミ箱に捨てたものを、高齢の経営者がこれまだ食べられるだろうとゴミ箱から取り出して、売ったと。まあ、モノのない時代に育った人が、もったいないということで食べようとしたことに、理解を示さないわけでもないが、それを結果的に商売にして、他人に食べさせるというのはちょっと…。

人間が自らの手で、丁寧に作っている食品でも、商品として食べられないくなってしまうものは出てくると思うし、まして機械で作ってるのものであれば、部品が知らない間に落ちてしまうということもあるだろうし。もったいない話だが、販売予測を誤って大量に作って消費しきれなかったものも出てくるだろうし。

作った側が「これをゴミ箱に捨てておいてね」と頼んだものを、勝手にどうこうするというのは、やっぱりそれを「商い」としている限りおかしい。

この問題、やっぱり怖いな。一番明らかにして欲しいのは、廃棄業者から廃棄物を仕入れた業者が、どこと取引しているのかということだ。この取引相手の一覧、まだ公表されていないと思うが、消費者を守るためにも、真っ先に公表して欲しいと思うのは私だけだろうか?

 - 料理ブログ,